このサイトではポケットエコーについて通常のエコーとの違いや利点、活躍の場などを紹介しています。
小型であるため、場所を選ばず、在宅でも使用することができるため、今後は新たな分野において様々な活用が予想されます。
特に整形外科やリハビリテーションの分野での使用や、コロナ禍で患者様が病院に直接出向くことが難しい中でも自宅にも持ち運べるため、画像を用いた診察ができる点など新しい情報を知ることができます。
また、メンテナンスの方法など利用に際して重要な情報も紹介しています。

ポケットエコーの用途を解説!通常のエコーと機能は違う?

ポケットエコーの用途を解説!通常のエコーと機能は違う? 通常のエコーとポケットエコーの用途は体の表面から見ることができない部分を画像で映し出すという点で同じですが、使用目的が異なります。
通常のエコーは大型で様々な機能を持つ高性能な機器となっており、病院などに備え付けて置いてあります。
目的としては詳しく体の状態を把握し、正確な診断を下すことです。
ポケットエコーは小型で軽量であり、どこにでも持ち運びができる利点を活かし、場所を選ばず診察することが目的です。
小型であるため、通常のエコーと比べて機能は限られています。
患者様の自宅であっても直接画像を見せながら体の状態についての話ができるため、病状説明の内容に説得力が生まれ、患者様やご家族に理解を得られやすいだけでなく、安心してもらうことができます。

ポケットエコーを使えば穿刺がしやすくなる

ポケットエコーを使えば穿刺がしやすくなる ポケットエコーを導入する大きなメリットとして、再穿刺の回数が減少したということが挙げられます。
以前は視診や触診によって血管をイメージしていたのですが、実際の血管はそのイメージとは異なっています。
特に経験が少ない若いドクターの場合、血管をイメージするのが難しく、針が上手く血管に入らないことも多かったのです。
ある程度のミスは仕方ないことですが、本来なら医療行為にミスはあってはならないものです。
そのためできるだけミスを回避するため、ポケットエコーを使用する病院が増えてきたということです。
ポケットエコーを導入することにより、患者側と病院側の両方のストレスの軽減に繋がります。
患者にとっては痛い思いをすることが少なくなりますし、ドクターの悩みも解消できるということです。
ストレスが軽減されることにより、患者とドクターが円滑なコミュニケーションを取れるようになるのです。
ポケットエコーを使用した場合、皮下の状態が目で見て分かります。
もともとエコーというのは大型の機械が多かったのですが、ポケットエコーなら手軽に持ち運びができることがポイントです。
誰でも簡単にエコーを使用することができますし、スタッフの意識も高まるのです。

ポケットエコーの利点

ポケットエコー

新着情報

◎2021/8/16

サイト公開しました

◎2021/5/31

サイト公開しました