ミネラルが水のおいしさを決める!ミネラルの種類と基準値をくわしくご紹介

ミネラルが水のおいしさを決める!ミネラルの種類と基準値をくわしくご紹介 「美味しい水」といっても、人の感じ方はそれぞれで、どのような種類の水を美味しいと感じるかには、個人差があります。でも、実は「美味しい水」には、1985年4月に厚生省(現厚生労働省)の「美味しい水研究会」がまとめた、ひとつの基準があるのです。

美味しい水の基準

水温が20℃以下

水温のイメージ 水を飲んだときに美味しいと感じるのに、水温は重要な要素のひとつです。ある程度冷やすことで、飲んだときに清涼感を感じ、においも少なくなります。水温20℃以下が推奨され、

10~15℃位が、最もおいしく飲める温度です。

残留塩素0.4mg/リットル以下

塩 水道水は、塩素で消毒されています。塩素が多い場合はカルキ臭がして、水を美味しくないと感じます。残留塩素は0.4mg/リットル以下がよいです。

硬度10~100mg/リットル

日本の水 硬度は、1リットルの水の中にカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが入っている量のことをいいます。<これが、100mgより多いと硬水と呼ばれ、少ないと軟水と呼ばれます。日本の水には軟水が多く、硬度10~100mgが美味しい水といわれているのです。

ミネラルの含有量が多い硬水は、くせがあって好き嫌いや、日本人の体質に合う、合わないが別れ、マグネシウムが多い水は苦く感じます。

蒸発残留物30~200mg/リットル

蒸発している様子 蒸発残留物とは、水が蒸発したあとに残るもののことで、主にナトリウム(Na)、カルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)、カリウム(K)、鉄(Fe)などのミネラルのことです。量が多いと渋味が強くなり、ちょうどよい量なら、コクのあるまろやかな味になります。

遊離炭酸3~30mg/リットル

地下水 水に溶け込んでいる二酸化炭素(炭酸ガス)のことで、地下水などに多く含まれ水がさわやかな味になります。多すぎると刺激が強くなり飲みにくいです。1リットルに3~30mg程度含まれると、美味しい水といわれます。

渋味(過マンガン酸カリウム消費量)3mg/リットル以下

美味しい水 水に含まれる有機物の量のことで、水を浄水処理するときに残ってしまった量です。多いと渋味がつき、多量に含むと、塩素と反応してトリハロメタンが生成されることがあります。1リットルあたり3mg以下が、美味しい水とされます。

におい3以下

臭いを気にする女性 腐敗性臭気、カビ臭、金属臭など、水についているにおいのことで、3以下を美味しい水とします。

まとめ

美味しい水には、厚生省(現厚生労働省)によってまとめられた水質の基準があり、それを10~15℃程度に冷やすと、よりおいしく感じるはずです。厚生労働省

美味しい水には、厚生省(現厚生労働省)によってまとめられた、残留塩素やにおい、渋みなどの水質の基準があり、水温も重要な要素のひとつです。10~15℃程度に冷やして飲むと、よりおいしく感じます。