美味しい水の種類が知りたい!浄水器・ミネラルウォーター・ウォーターサーバーどれがいい?

美味しい水の種類が知りたい! 美味しい水と呼ばれる水は、私たちの身の周りにいくつかあります。ぞれぞれの水の特徴について、ご紹介しましょう。

浄水器

浄水器 日本の水道は、世界でも数少ない、そのまま飲料水として使える環境です。このため、水道に浄水器を取り付けて、水道水をより美味しく飲むことができます。

メーカーによって、ろ過フィルターの種類や形状がさまざまで、ろ過方法や精度も違うのです。また、値段もスーパーにも置いてあるような低価格のものから、高価なものまであります。

購入する際は、よく確認して、自分に合ったものを選びましょう。

ミネラルウォーター

ミネラルウォーター 一般にミネラルウォーターと呼ばれるペットボトルで販売されている日本の美味しい水には、いくつかの種類があって、原水の種類や加工方法が違っていて、それぞれ農林水産省により、ガイドラインが定められています。日本の水は硬度の低い軟水が多いです。

また、海外から輸入されるミネラルウォーターは、ほとんどが硬度の高い硬水で、日本とは違う規制があります。殺菌処理などの加工を禁止しているものも多く、赤ちゃんなどに飲ませる水としては適していません。

ウォーターサーバー

ウォーターサーバー ウォーターサーバーには、ボトル型のものと、水道直結型のものがあり、それぞれ安全で美味しい水を、手軽に自宅で飲むことができます。

ボトル型は、宅配式ともいわれ、ボトルに入れた美味しい水が、配達されるようになっていて、使うごとにボトルは交換です。

水道直結型は、次世代型のウォーターサーバーで、水道に直接取り付けて、これまでは工場で作っていたレベルの美味しい水を、自宅で衛生的に作ることができます。面倒なボトル交換や、ボトルの保管場所に困ることなく、定額で好きなだけの水を使うことができることから、話題となっているのです。

まとめ

私たちの身の周りには、美味しい水と呼ばれる水が浄水器の水や、ミネラルウォーター、ウォーターサーバーの水などいくつかあります。それぞれ特徴があり、ろ過方法や水質、味わいなども違うのです。ろ過のイメージ

私たちの身の周りには、美味しい水を飲む方法がいくつかあります。浄水器、ミネラルウォーター、ウォーターサーバーなど、それぞれ特徴があるので、何を基準に選ぶかを明確にして、判断しましょう。