水道水を美味しく飲むためには?本当にそれだけ?水をかきまわす方法を検証

水道水を美味しく飲むためには?水をかきまわす方法を検証 水道水を美味しい水にする方法には、くみ置きをしたり、沸騰させたりなど、さまざまな方法がありますが、水をかき回すという方法があるのを知っていますか。これは、塩素の揮発性を利用したカルキ抜きの方法なのですが、詳しくご紹介しましょう。

ペットボトルを使う

ペットボトル カルキを作るときに使われる塩素には、空気に触れると分解される揮発性があります。この揮発性を利用して、カルキ抜きをする方法には、くみ置きをする方法が、よく知られています。

同様に、揮発性を利用するのは、水道水をペットボトルに三分の二ほど入れて、シェイクするという方法です。ペットボトルの中に空気を入れた状態でかき回すことで、水道水が空気に触れて、塩素が揮発します。

さらに、ペットボトルのフタを開け別のペットボトルに移し替えて、同じようにシェイクすると空気が入れ替わることになり、さらに塩素が揮発します。これを何回か繰り返すことで、塩素が飛び、カルキが抜け、水道水が美味しい水になるのです。

ジューサーを使う

ジューサー ペットボトルを使う方法は、手軽ですが意外と手間がかかるし疲れます。自宅にジューサーがあるのなら、ジューサーでかき回してしまいましょう。それなら、5分程度でカルキ抜き完了です。このときも、ジューサーの中に空気が入るように、水道水を入れる量は、三分の二程度にしましょう。

また、ハンドブレンダ―があれば、そちらを使えば、フタが開いた状態でかき回すことができるので、より早くカルキ抜きできます。

まとめ

水道水をカルキ抜きする方法には、さまざまなものがありますが、塩素の揮発性を利用して、ペットボトルやジューサーなどで水をかき回す方法でも、カルキ抜きができます。水道水を手軽に美味しい水にすることができるので、ぜひ試してみてください。

水道水をカルキ抜きして美味しい水にする方法として、塩素の揮発性を利用して、空気に触れさせるために、ペットボトルやジューサーなどで水をかき回す方法があるので、簡単にカルキ抜きできて、水道水を美味しく飲めます。