整形外科でも使われるポケットエコーとは

整形外科でも使われるポケットエコーとは 整形外科でも使われるポケットエコーとは、今までのエコーとはちとは違い、どこでも手軽に診ることができるのが、ポケットエコーです。
どこでも診ることができるので、患者の負担を減らして使う事ができる。
一般的なエコーと比べ値段も安く操作も簡単です。
ポケットエコーには、モニターが付いているので、画像の共有を簡単にする事ができます。
チーム医療の現場でも、簡単に確認することができ、看護師や理学療法士などの人たちも簡単に使用ができます。
整形外科では、膝や肩などといった運動器官を見ます。
ポケットエコーを使えば運動器官を動かしながら簡単にエコーを診ることができ患者の負担とともに、今までのように特定の場所に行きエコーを診る必要がなく医師が患者のもとに行き、動きを見てその場で今後の指導などをする事ができます。
患者の満足度向上にもつながり、医師の負担軽減にもつながります。
これからの医療にとって一役助かる存在になります。

医療現場でも使われ始めたポケットエコーとは

医療現場でも使われ始めたポケットエコーとは 医療現場でも使われ始めたポケットエコーとは一体どのような仕組みなのでしょうか。
その仕組みが開発されたのは地球の裏側のアメリカです。
エコーとは反響のことを言いますが、それを使って体の内部をチェックするという優れた仕組みです。
まさにアメリカ人ならではの合理的な手段であるということができます。
日本では29万円くらいから導入することができるようですから、誰でも簡単に利用することができます。
その効果は絶大なものがあります。
特筆すべきはUSB接続をしてパソコンに画像を映し出すことができるということです。
エコー診断は妊産婦の胎児が、どのような成長を遂げていくのかを調べるのに使われていました。
その確かな技術が、これほど小型化されて実現されるとは、誰も予想できなかったのです。
コンピューターで繋がっていますから、現場や患者さんのリアルタイムの情報が、画像で確認できるということになります。
ポケットエコーのシステムは開発されたばかりですが、今後の発展から目が離せなくなりました。

新着情報

◎2021/8/16

サイト公開しました

◎2021/5/31

サイト公開しました